「家族の思い出が作れる機能性の高い庭を作りたい」「愛着のわく庭であってほしい」そんな想いを大切にしています。

潮彩庭縁

メールで問い合わせる

横浜・大和・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎の庭作りは潮彩庭縁へ。家族みんなが愛着のある庭であってほしいと思っています。

潮彩庭縁の活動情報更新中!

庭は鑑賞する場ではなく、楽しみを家族が体験出来る場、
実用性がある場であってほしいというのが私自身の考えです。
お客様にとって庭は家の次に身近な存在なので、無駄なスペースに
なることなく、実用的な庭をご提案させて頂きます。
お客様・ご家族にとって大切な庭をずっと守っていくために
力添えさせて頂く事が私の使命だと感じています。

  • 祖父と庭で過ごした色褪せない思い出
  • 社会の厳しさを痛感し孤独を感じた2年間
  • 独立し繁盛したが将来に不安を感じる転機
  • 有名な造園会社に入門し造園を学ぶ
  • 初めての試みの洋風エクステリアを施工
  • じっくりと引き出す作り手 松本の想い

社会人になって、祖父の家に行く機会が減り、祖父は入院して半分空家の状態になりました。
祖父が入院し、手入れをする人がいない庭は荒れ果てた姿に変わっていました。
自分がやるしかないと思い立ち、真夏に汗をかき、慣れないながらも剪定鋏で伸び切った庭木を
整えました。想像以上に家族や近所の方からお褒めの声を頂き、向いているかもしれない、という
思いが生まれました。これが最初の剪定経験となり、庭に向き合い始めたきっかけです。

職業訓練校での長期実習の面接がある日の朝に祖父は
亡くなりました。祖父が大切にしていた庭を守っていく事が祖父が一番喜ぶと考え、面接を優先しました。
合否判定までは時間があったので就職活動をしました。
その時に採用してくれたのが千葉にある庭木メンテナンスの
会社です。私は就職して実践で学ぶ道を選びました。

初日から鋏を持ち、入社半年頃には単独でお手入れを担当させて
頂くこともありました。電話対応や見積り、お手入れ、精算まで
一人で黙々と作業をするイメージを持っていましたが、
お客様との距離が近い仕事だと知りました。
時に激励、時にお褒めの言葉を頂きながら知識を学び、
庭師として、たくさんの経験を積み重ねていきました。
当時のお客様から頂いた手紙は今でも私の宝物です。

アンケート画像

独立から2年でありがたい事に「潮彩庭縁」は地域の繁盛店として150件以上のお客様
ご支援頂き、毎日お庭手入れをさせて頂きました。同時に湘南の町並みが日々急速に変化
している事に危機感を覚えるようになっていました。住宅事情の変化、多くの新築戸建ては
庭がない。庭が減っていく事で自身の将来像が分からなくなりました。
庭はなくなるのか?必要ないのか?高齢のお客様がほとんどなので将来の仕事が不安でした。

潮彩庭縁でお世話になったお客様全員へ手紙を送り、
直接会いに伺い希望の方には信頼できる庭師を紹介しました。
多くのお客様から叱咤激励を頂きました。
その時に改めて、その庭の専属庭師がいなくなることは
そこにくらす家庭にとって大問題なのだと痛感しました。
これは絶対に手ぶらでは帰れないと強く心に誓いました。

家の中から外を見たくなるような、庭に出たくなるような
工夫をしました。庭師時代の経験で培われた時間と空間への
意識です。時間が経てば植物は成長し、人は老います。
お客様の立場で実用性がある場を、長期使用を見据えて
作るには庭と人が時間経過でどう付き合いを
変えていくのかを考える庭師の経験は重要だと感じました。

家族全員が好きになる夢の庭園を作ってみませんか?
潮彩庭縁のお手入れブログ 潮彩庭縁のお客様の声ブログ

Copyright © 潮彩庭縁 All Rights Reserved.

サイトマップ