潮彩庭縁は、横浜・鎌倉・藤沢・茅ヶ崎でエクステリアを施行したい家族のご相談を親身に伺い、住みやすい庭作りをします

潮彩庭縁

メールで問い合わせる

子どもが全力で庭遊びができるよう、危険な部分は無くし、安全に十分配慮したプランニングと施行を庭師の経験から行います

潮彩庭縁最新ブログ

過去の記事を見る »

剪定

  • 2018.4.29

    2018年 茶毒蛾(チャドクガ)の消毒 -開始-

    2018年、ツバキ科の植物に夏に発生する茶毒蛾(チャドクガ)を横浜市にて確認しました。 放置すると大量発生して食害するのみながず、人が毒針毛に触れると酷い皮膚炎症を起こします。剪定をしながら殺虫剤を散布してツバキ科植物(以下参照)を守ります。 椿(ツバキ) 山茶花(サザンカ) 姫…

    »続きを読む
  • 横浜市金沢区 剪定後の土壌改良で樹木復活っ!!

    2017年8月、夏真っ盛りの時期に黒点病でほぼ落葉していたクロモジの樹。立ち枯れが心配な状態でした。新しく土を客土したのち、土壌改良を行いました。昨年は一進一退の状態でしたが、この新緑の時期にしっかりした葉を見事に芽吹かせてくれました。本当にホッとしましたし、嬉しい限り。 写真1…

    »続きを読む
  • 小さな差が積み重ねると大きな違いを生みます。

    一期一会、という言葉を大切にしている潮彩庭縁です。 いつも1件1件のお客様との出会いは奇跡的な可能性のもとで実現しているように感じます。 それが一度きりであってもリピートしてくれても。。。 最初のきっかけがどのようなものにせよご依頼はとても有難いモノですが、 自分の仕事を見て頂い…

    »続きを読む
  • お客様の笑顔が最高の報酬です。

    横浜市泉区と隣接した区にて、潮彩庭縁の庭手入れをさせて頂きました。 作業後(アフター写真)   作業前(ビフォー写真) 潮彩庭縁はお客様が心から喜んで下さる瞬間、 かけがえのない宝モノを頂いた気持ちになります。 仕事内容が造園にせよ、エクステリアにせよ、今回のようなお手…

    »続きを読む
  • 2018.4.11

    新緑が真っ赤なノムラモミジの剪定

    ソメイヨシノは花を散らして、その身を緑に変えました。 3月下旬から今日まで、人々の視線が彼等に向かっていた時も 他の樹木や草花は一時も休まずに新緑を膨らませていました。 気が付くと透明感ある草木花の新緑が美しい事!!! 生命力の爆発です、そこに少しだけ手を加えてあげます。 剪定を…

    »続きを読む
  • お庭の手入れ(管理)とは何か?

    駆け出しの頃は、庭の手入れは樹木を整えて、雑草を抜く散髪屋と考えていました。 本当にそれだけで十分?お客様は満足している? いつしかそれだけではない、と思えるようになりました。 屋外空間を管理させて頂くからこそ、 問題点、これから問題になりそうな事が誰よりも見えてくる立場なのに草…

    »続きを読む
  • 2017.12.5

    剪定して一番喜ばれる樹木は、、、

    江戸時代~昭和中期頃までステータスとしてシンボルツリーとして植栽されていた松。バブル崩壊以降はその管理の手間からあまり庭に植えられなくなりました。他の樹木に比べて仕上げりに時間が掛かります。。。お金がかかります。。。ゆえに時代の変遷とともに少しずつ姿を消しています。幹を途中で切っ…

    »続きを読む
  • 一期一会の出会い

    4年前に仕事の方向性を定められず、悶々としていた時期がありました。当時は剪定いわゆる「庭木の定期管理」を主にしていましたが、当時の私が拠点にしていた地域では昔からのお宅が減り続けて街並みが大きく変貌を遂げていました。世代交代で街が若返りそれ自体は素晴らしい事です。しかし自分の職種…

    »続きを読む
  • おもてなしの屋外空間つくり

    毎月定期的に横浜市金沢区にある茶道教室に通っています。 茶人の正月、ということで「口切りの茶事」が開催されて亭主が新茶をもてなします。 当日は袴をつけて着物で参加、緊張と緩和、楽しい時間を過ごさせて頂きました。 このような茶道行事の流れでは、茶庭(ちゃにわ)が日常から非日常への橋…

    »続きを読む
家族全員が好きになる夢の庭園を作ってみませんか?
潮彩庭縁のお手入れブログ 潮彩庭縁のお客様の声ブログ

Copyright © 潮彩庭縁 All Rights Reserved.

サイトマップ